蜂の巣撤去や蜂退治は専門会社にお願いしよう

作業員

周知や警告で被害縮小

蜂の巣

退治されるまでは、蜂の巣には近づかないことが重要です。退治が終わるまでの間に、人を近づけない工夫を凝らすのも主としての責任です。家族や周囲には、蜂の巣がある場所を伝えておき、退治予定であることを周知しておくと良いでしょう。人の通行のある場所や、道沿いであれば警告や立て札などで回避してもらう必要があります。避難を優先させ、危機回避を行なうことで被害を最小限に抑えます。その上で、早い段階で専門会社に依頼して蜂の巣撤去と退治を行ないましょう。蜂の巣が肥大化する季節までには、駆除を行なっておくのが被害を広げない策です。また、しばらくは家に侵入されないように、窓を開けるときは網戸にするなどの処置も必要になるかもしれません。どちらにしても自他ともに危険を回避する手段を講じることが重要です。巣の撤去は、蜂の活動が大人しくなる夜や明け方に行なわれることが多いです。夕方からの暗い時間は、蜂の活動スケジュールにおいて休息時間になっています。そのため、攻撃に出る働き蜂が少なくなります。戦力が整わない時期や時間を選んで駆除することで、周囲の危険性も低くなります。とくに凶暴なキイロスズメバチなどのスズメバチは、攻撃性が高く作業を激しく妨害します。ヘルメットなどに突撃してくる蜂も多くいるため、安全性を考えると、活動の鈍る時間が駆除にもっとも効率的なのです。夜間は蜂の目も見えにくいので、周囲への被害が少なく済むのもメリットです。