蜂の巣撤去や蜂退治は専門会社にお願いしよう

作業員

割にあわない労働

女性

蜂の退治と、蜂の巣撤去を行なう場合には、十分な装備で行なうことが重要です。まず妨害するために襲ってくる蜂をある程度退治することが必要になります。蜂の種類によって異なるのですが、殺虫剤や燻煙剤、水でまず一時的に働き蜂を退治する方法があります。一時的なので、すぐ戻ってくる場合もあります。妨害する蜂を減らすことで蜂の巣を攻略しやすくできます。この時点でも防護服の装備はかかせません。防護服は首や袖、足首、顔などを覆う丈夫な素材で作られたものが必要です。蜂の攻撃は針だけではなく、顎による噛みつきもあります。強靭な顎を持つスズメバチなどは服を噛みちぎって針を刺してくることもあります。蜂の巣撤去の前には、このように働き蜂に刺される危険性を回避する手段が重要になります。また巣から出てきた蜂に毒の噴射をされないためにも、ゴーグルで目を覆うなど徹底した防護装備が必要になります。見学などする場合には準備して十分に離れておく方が安全です。働き蜂の退治をして、蜂の巣を撤去することは1人では難しい作業です。巣を落とす作業と受け止めて袋に片付ける作業は同時進行で、手早く行なうことになります。巣の重さは巣の大きさにもよりますが、かなり肥大化したものだと8kgにもなります。それが少し高い位置から下に落ちるのを受け止めるのは片手では難しいでしょう。最低でも2人以上は作業員を必要とする作業になります。また、慣れているかどうかでも作業の手順や効率が変わりますので、経験豊富な専門会社に相談するのが望ましいでしょう。