蜂の巣撤去や蜂退治は専門会社にお願いしよう

作業員

肥大化した巣の撤去

ハチ

春から活発に活動する蜂。女王ハチによる蜂の巣作りも春に始まります。まず冬眠から目覚めた女王ハチは、住みやすい場所を探して蜂の巣を作り始めます。巣作りの期間にはまだ女王ハチはおとなしく危険性も低いです。下手に刺激をしなければ、刺されることもないでしょう。この時点で退治しておけば蜂の巣すら作られずに終わりますが、気づくのは難しいでしょう。大体、巣が肥大化してから気がつくことが多いのです。巣が肥大化すると退治が困難になります。肥大化した蜂の巣の中には、働き蜂と言う兵隊が常駐しています。一度巣に刺激を与えれば、襲ってくる恐れがあります。キイロスズメバチなど民家に巣を作る蜂の場合には、早い段階で気づいて退治することができるかもしれません。しかし、大体の蜂は林などに巣を作ります。そのため、巣が大きくならないと気がつきにくいのです。夏や秋の巣が肥大化している時期に退治する場合には、専門の蜂退治会社に依頼をする方が安心です。蜂にはさまざまな種類がいるため、安易な対策は死亡事故に繋がる恐れがあります。危険性が高くなった巣の撤去は自力で行なわず、経験豊富な専門会社に依頼をしましょう。蜂に刺された場合、毒が致死量に至らなくてもアレルギー反応で死に至るケースもあります。巣や蜂を目撃したら、被害が起きる前に早めに報告・連絡・相談がオススメです。蜂の駆除は無料相談や見積りをしてくれる会社もあるので相談しましょう。

割にあわない労働

女性

個人で退治や蜂の巣撤去をするのは、難しいものです。装備の用意や、手際、巣の切り落とし、巣の運搬など手間と労力のいる作業になります。危険性も高いため、専門の会社で依頼をする方が確実です。

読んでみよう

巣の駆除を行なう責任

男性

蜂の巣駆除や、退治は施設管理者や土地の管理者責任とされることがあります。被害を出す前にも、定期的なメンテナンスと駆除相談を行なうことが重要です。駆除で悩んだら、まず専門会社に相談しましょう。

読んでみよう

周知や警告で被害縮小

蜂の巣

退治するまでは、蜂の巣の周囲には近づかないように警告や周知を行なうことが必要です。それにより、周囲への被害を拡散せずに済みます。道路沿いの場所などに巣がある場合にも工夫して人よけをしましょう。

読んでみよう